ウェブデザイン

エンクリエイトのデザインの強み

ウェブデザイン

エンクリエイトは、Web制作会社として創業しました。そのため、モバイルサイト制作やレスポンシブWebデザインといったインターネットコンテンツにおける変化に素早く対応し、数多のデザイン実績を積み重ねております。
また、そのほとんどが自社デザイナー、プログラマーによるワンストップでの制作なので、細やかで柔軟な対応が可能です。
さらに、Webでの発想を柔軟に採り入れたDTPはじめ各媒体クリエイティブ作成などのクロスメディアでの制作・ディレクションが可能です。

エンクリエイトが目指すデザイン

ウェブデザイン

ユーザーと対話するデザイン

デザインは、ユーザーとの会話とも考えられます。
会話に言語の習得が必要なのと同じく、UI(ユーザーインターフェース)を設計し、コンテンツをデザインするためには、緻密な計算や、数多の成功則や経験則をふまえた論理的思考によって設計・制作をしなければ、制作側からの一方通行に終わってしまいます。

弊社は常に俯瞰的にプロジェクトを分析し、ブランド価値、商品価値を最大限に伝えるデザイン制作を論理的に行い、ユーザーからのアクションやコンバージョンといった対話の"回答”を導き出すことを目指しています。

ユーザーのウォンツを見極め、可視化する

ターゲットユーザーによって、有効なデザイン・UIは千差万別です。
例えば、ひとくちにメーカーのコーポレートサイトといっても、家電を消費者に販売するメーカーと、家電の部品や基盤などを作るBtoB製造業メーカーでは、デザインアプローチはまったく異なります。

必要な情報が、あるページ、あるコンテンツに確かに存在しているとしても、デザインコンセプトが的はずれなものだと、プッシュ型コンテンツや短文のSNS等に慣れきったユーザーは早々に離脱してしまいます。また、一見難解なUIでも、異なる視点を持ったユーザにとっては非常に扱いやすいUIであるということも往々にしてあります。
そのため、ユーザーのウォンツを明確に見極め、嗜好や視線移動、重力などを意識してキラーコンテンツをUIに落とし込むことが重要です。
したがって設計およびアートディレクションでは、ユーザー側の視点、UX(ユーザー エクスペリエンス)をまず念頭においてすすめることを意識しています。

プロジェクトベースで謹製するデザイン

デザインの目標は、クライアントとターゲットユーザーを結びつけ、成果を得ることです。

クライアントの理想をデザインに反映させることは、UIを設計する上での大前提です。我々制作側こそが柔軟で広い視野に立って、都合やエゴを押し付けることなく、コンテンツの作り手と使い手であるユーザとの間をつなぐ伝え手とならなければいけません。
そのため、大量消費することを前提としたデザインテンプレートの使用は特定の案件を除いて基本的には行わず、プロジェクトベースで企画立案からデザイン設計・制作を行います。

型に当てはめていく作り方は、いつの場合も決して近道とは限りません。私たちエンクリエイトでは、案件ごとにオリジナルデザインを、できるかぎり謹製することを心がけています。

デザインコンセプトにおいて定義する要素

  • プロジェクト立案の経緯
  • プロジェクトの成果・運用
  • CI(コーポレート・アイデンティティ)・VI(ビジュアル・アイデンティティ)
  • ターゲットの定義(ペルソナ)
  • ターゲットの嗜好、特性、アプローチ方法

その他、webサイトやDTPなどといった制作物の特性に応じてアートディレクションを行います。画面設計・VI・モックアップなど、極力ドキュメント形式でご提案をいたします。

デザイン・クリエイティブの制作事例

Webデザイン事例

デザイン事例だけのアーカイブはございません。制作事例・実績ページ「デザイン」タグがついているものが、デザイン事例となります。

DTP・クリエイティブ事例

以下のアーカイブから弊社の制作事例の一部をご覧いただけます。

エステサロン「メリー」の名刺デザインを制作しました
エステサロン「メリー」の名刺デザインを制作しました

新宿のエステサロン「メリー」様の名刺デザインを制作しました。

ネイル&アイラッシュサロン「ALLU」看板・カード制作
ネイル&アイラッシュサロン「ALLU」看板・カード制作

ネイル&アイラッシュサロン「ALLU(アリュー)」様の看板と各種ショップカードのデザインを制作しました。

トリミングサロン「WITH」クリエイティブ制作
トリミングサロン「WITH」クリエイティブ制作

トリミングサロン「WITH」さまの、リーフレット、フライヤー、トリミングカーのラッピングなどのデザインを制作しました。

Webサイト制作お問い合わせフォームへ