WordPress制作

WordPress制作サービストップ

WordPressで10年の実績

主にインストール型(ソフトウェア版)WordPress(ワードプレス)でのウェブサイト制作、改修、管理サービスです。
個人のブログソフトとしても世界中で普及していますが、企業ユースのウェブサイトCMSとしても普及しているWordPressを、お客さまのビジネスに合わせ最適なカスタマイズを企画・立案し、長く使え、安全で、SEOにも最適なウェブサイトを制作し、貴社のビジネスへの集中と発展に貢献いたします。
すべての企業・店舗・ビジネスに最高な情報発信ツールを提供し、運営コストの削減を実現します。»WordPressってセキュリティは大丈夫なの?(Web担当者向け)

WordPressでの制作、スポット改修の事例

すべての事例を見る

当サービスのご利用事例

WordPress新着ニュース

WordPressで作るメリットやセキュリティ(Web担当者さま向け)

WordPressはよく聞くけど、実際のところどうなの?

Movable TypeというSixApartというメーカーが開発している類似ブログソフトと比較すると、ソフトウェア代金が無料なこともあり検索ボリュームやカスタマイズ情報、プラグインやテーマの量などで、WordPressが圧勝しています。

また、WordPressはオープンソースのため、本体は当然無料、提供されてるプラグインも無料のものばかりです。WordPressはphpというプログラム言語でできており、phpの学習者やシェア拡大も手伝ってか爆発的に普及しました(もちろん本体が無料でも、制作会社などに制作を依頼すれば制作費用は有料です。)

WordPressのセキュリティは大丈夫なの?

WordPressは世界中で使用されているために、悪意のある攻撃者にとってはあるWordPressのバージョンの攻略方法を見つけると沢山のウェブサイトに対して通用することもあり、WordPressは人気ソフトゆえの事情で危険にさらされていると言えますが、これは決してWordPressが他のCMSなどと比較してセキュリティが脆弱なソフトウェアだというわけではありません。

安易なIDやパスワードにせず、適切な方法で記述・構築し、セキュリティ関係のプラグインが豊富にあるので適切なものを使用し、万一に備えバックアップも定期的に取り、作成後も常にWordPress本体・プラグインだけでなくPHPプログラム本体のバージョンも最新に保っておけば基本的には安全です。(これらをしっかり維持し続けることが手間やコスト面などで現実的に難しいのですが…)

そうは言っても、Web担当者なのでホームページが万一にも表示されていないなどの可能性は絶対に困るという場合はMovable Typeでの制作をご検討下さい。Movable Typeならばhtmlファイルをスタティック(静的)に生成するのでホームページが閲覧できない等の可能性は格段に減ります。htmlファイルを生成してサーバー上に置いておくので閲覧できない場合はMovable Type側の問題でなくサーバーの問題という風に最初から問題の切り分けができるので万一の際の対処も早くなります。

ウェブサイトがすぐ簡単に更新できるようになります

いまどき当たり前ですが、管理画面にログイン→記事を書く→保存をするだけで、すぐにウェブサイトが更新されるので、情報発信・更新がすぐに行えます。

また、上記のように更新する部分以外の、会社概要ページのようなページのhtmlなども管理できるので、大規模サイトから小規模サイトまで、意外にも相当数の企業などのウェブサイトで、今でもWordPressがウェブサイトのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)として導入されています。

インストールしただけではただのブログソフトです

WordPressは、インストールしただけではお客さまの発信したい情報に合わせた柔軟な動きには対応しておりません。
「不動産業なら新規物件情報の更新を」、「メーカーなら製品の情報を更新したい」というような、業種やお客さまごとのご要望に、細かく対応いたします。

SEO対策に強いウェブサイトの骨組みとして

WordPressなどCMSでのウェブサイト制作は、根幹になるページやカテゴリ、階層構造、パーマリンク構造、内部リンク構造、正しいhtmlの文書構造などいくつかの要素をしっかり押さえて設計・構築することが重要です。SEO的には、長い目で見て最初に正しい構造で制作することが時の経過を味方につけます。
SEOサービスページへ

WordPressでサイトを制作する価格について

カスタマイズ情報が多いこともあり、扱える方が多いので業者を沢山探せば安く作ってくれる人がおそらく見つかります。しかし、しっかりと継続的なセキュリティアップデートを行なっていくことなどを考慮すると、安全なCMSを使用して作成した方がランニングコストも考慮した場合、コストや労力が安く済むケースもございます。作りたいウェブサイトの内容と、かけられる初期の制作費用と、セキュリティ対策などのために継続的にかけられるコストを良く検討しててから、WordPressを採用すべきか決断することが、長期的にベターな結果をもたらす可能性を高めます。

WordPressお問い合わせフォームへ